着るものについての思索

洋品店から秋ものが並びはじめましたよと便りが届いた。
猛暑にへこたれて秋をひととき感じたくなり、日が落ちる時刻を待ってお店に出向いた。

普段手に取ったりお店の方におすすめされる洋服はいつもだいたい同じテイストで似通っている。たまには明るい色や違ったデザインを!と意気込むんだけど、なかなか思うようなものに出逢えずにいて、縁とはそういうものだなあ。不意な遭遇を楽しみにしている。

なんの装飾もなくなにも特徴がないねといっていいくらい単純な、それでいて自然に体に沿うシンプルなものが好きである。試着したときに余分なだぶつきがなく、どこも不自然に締め付けられず、いい按配にフィットするもの。からだや気持ちに無理をさせない居心地がよい服といったらいいのかもしれない。
そわそわせず自然でいたいとなると、自分の場合は、白、灰、黒、濃茶、紺など地味色で無地になる。柄ならせいぜい紺地に白の水玉かストライプで、それでさえ模様が目立たないものを選ぶ。ボタンが目立つシャツや上着はどこか落ち着かないから、生地色と大きく違わない色で形はまるがよい(白シャツの貝ボタンが好きで眺めてしまう)。そう、ボタンはシャツにとって欠かせないアイテムだ。何を主張するでもなく全体に溶け込んで生地と生地の間をつなぐ役目を担う縁の下の力持ち的な存在で、そういったところになぜだかときめく。ボタンや生地が好きだからシャツが好きなのかな。さりげなく素敵にシャツを着こなしているひとに自然と目がいく。
そしていまこの文章を書きながらボタン好きを再認識した。

ボタンとかタグとか襟元や袖元などの細部が好き。目立たない場所で自分の機能や役割をしっかりと堅牢に果たしてくれる様子に、作り手さんのこだわりが感じられてうれしくなる。主張しない美しさってある。それを上品というのかもしれない。そんなものや存在に惹かれる。人にも。

初めて試着したにもかかわらず「あー?これこれこの感じ」とすっかり馴染んでしまう服がたまにある。これは生地の好みに加えて、サイズが自分に合っていることによるものだとわかってきた。一過性の流行に左右されないよさを時間をかけて選ぶことは好きだなと思う。
先日試着した紺色のシャツは、着てみた時のしっとり感がよかった。肩の収まり具合やボタンの感じ、洗濯に負けない生地の強さもよかった。着込んでこなれてくるにつれてたぶん自分に馴染んでくれる。馴染むまで時間に手伝ってもらう。

一緒に時間を過ごすほど馴染んでくれるものがいい。丁寧につくられたもの、使う人に寄り添うもの、佇まいが美しいもの、大切に扱われてきたものを長くだいじに使いたい。3年でも5年でも傷むまで着る。だから飽きがくるものは避けたい。

Elbert Hubbardが著書にこう書いている。

  • 友人とは、あなたについてすべてのことを知っていて、それにもかかわらずあなたを好んでいる人のことである

気に入ったものと長く友人のように付き合っていきたい。

取り込んだ情報や感情を意味づけする

人生の先輩と言えるご夫妻とお話する機会があった。
お互いの近況交換をした後、これからの自分たちのこと、社会のことについて話題が及んだ。AIが進み、日常生活への浸透が加速していくだろう。人はコンピュータがやってくれる仕事に敵わないね。情報をそのままフローしたりストックする作業から人間は遠のくだろうね。じゃあ私たちはなにを意識して生きていかないといけないんだろうね。そういえば最近おいしいものたべた?なんて話をした。

奥さまは情緒について話をされた。旦那さまは得た情報から人間がなにを抽出するかに注目していると展開された。抽出したものを繋げてどんな価値を生み出すのか。
私はお二人の考えを紐付けてがんばって理解しようとした。

1つの情報に対して3人それぞれの捉え方が異なる。これこそが多様性だな。同じ情報を受信しても、その情報を通して得る認知や感情は人それぞれだった。また、発信側が情報に込めた意味を、受信者が同じように受け取るかはわからない。そういえばつい先日に似た体験をした。「いいね」という意味合いの情報(言葉)を伝えてもらったのに、自分はそう受け取らなかった。あとで確認をして「え!そういう意味が込められていたの」を知り、うれしく思ったり納得をして自分の中に蓄積をした。感情が生まれるまで、自分の中でその情報について意味づけできなかったことを実感した。情報に込められた意味をちゃんと自分内にストックしていきたいと思った。自分は意味づけストック力が不足している。

私たちはなにを意識して生きていけるとよいか?小一時間ほど議論をして腑に落ちたまとめはこうだ。

  • 受信した情報を自分でどう感じて意味づけをするか
  • なにを持つかじゃなくてどう繋げて使うか
  • 柔軟さ、前向きな見通し

抽象的かつ説明が下手でうまく言語化できないが、とても大切な考えだと思った。研究者の方々は常日頃からこうした考えと実践が根付いているように思う。

毎日やってくる情報に優先順位をつけたり感情を巻き込ませて、自分にとっての意味づけをする。そうして出来た幾つもの「意味」を繋げ、自分の新しい価値や世界観をつくっていく。都度自分にとっての「だいじ」を意識していく。コンピュータには任せたくないしできない仕事だ。
多くの人に支持される最大公約数的な価値を知って満足するのではなく、自分にとっての意味づけをちゃんと意識していきたいね。そう締めくくって、着物やグルメの話題でにこにことした時間を過ごした。

使う愉しみがあるもの

予定のない雨の休日はのんびりと家で過ごすのが楽しい。
ぼうっと時間を過ごしていたら日常使いしているものに目が向いたので、長く一緒に暮らしたい、使い心地や着心地がいい、持っていてしあわせだと思えるものをつらつらとあげるよ。

お茶

お茶全般が好き。帰宅後の一服や週末によく飲むお茶は下にあげたものです。珈琲も大好きですが、京都にはおいしい珈琲を淹れてくれるお店が多くあるため家ではあまり飲みません。

  • 加賀棒茶
    • すっきりと香ばしいほうじ茶でほんとうにおいしい。祖母の家で出してもらって知り、以降は常備しています。暑くなる季節は毎日沸かして冷茶としてのみます。洋菓子にも和菓子にも合う。Amazonで購入できるのもよい
  • Fortnum&Maison のEarl Grey とChai
    • Chaiは秋〜冬の週末夜のお楽しみでした。茶葉を牛乳にいれて沸騰するまで煮出すと手軽にお店の味がいただけます。Earl Grey はティーパック買いをしている。上品な香りがお気に入り

お米

  • 夢ごこち
    • もちもちした食感が好みでリピートしています。別の銘柄を試してみましたがすぐにこちらに戻ってきました。ああー炭水化物

お茶碗とお箸

毎日つかうものは特に気に入ったものであるとうれしい。
お茶碗は随分前に 草星さんで購入。経年変化でオレンジに近い色味になってきました。お箸はおはし工房さんのもの。初めて使用した時の食べ口のよさが忘れられません。いただく機会がなければ、こういう価値は知り得なかったと思いますありがとう。

先日おはし工房のお店に出向いた際に店主さんとこんな話をしました。「器はよく注目されるのに、毎日つかうお箸はそうでもない。実際に口に触れるものなのでもっと意識されていいと思うんですよね」「一度この心地を知るとやめられませんね」。
持ち歩くことがあるのでお箸箱を注文中。出来上がりを待つ時間も楽しみ。カトラリーならCutipolの口当たりやデザインが好みです。

はんかち

アイロンがけが好きなので綿のシャツやはんかちは格好のターゲットです。
H TOKYOのはんかちはデザインやテーマにいつもコンセプトがあって楽しい。生地に張り感があり、アイロンをかけるとシャキンとしてくれるので気持ちがよいです。何度洗濯をしてもへこたれません。

刺繍のシリーズはかわいくて見つけるとつい購入してしまいます。かれこれ5~6年は使い続けていて丈夫。

シャツ

相変わらず白シャツばかりを着ています。n100 や Arts and Science のシャツはサイズが合い着心地がよいのでお気に入り。下のトレーナーは綿に見えてリネンなのです。さらっとして着心地がよい。Tシャツをメインにものづくりをしている日本のメーカーさんのようです > SBTRACT。引き算。名前もいいでしょ。今日はこのトレーナーで過ごそう。

シャンプーとリンス、ドライヤー時にKERASTASEを使う。以上。つげの櫛は静電気が立たなくて髪によい気がします。櫛は週末に椿油でメンテナンスをします。

香り

こちらのエントリ でも紹介しましたが、日常のちょっとした時に香りがあると気持ちが安らぎます。
ウッディな香りが好きで、最近はMIRKO BUFFINI - MOAが好み。The Different Companyの香りも上品でいいんですよね〜しかし取り扱うお店が少ない。
実際に木や緑の近くにさんぽに出向くのはもちろん最高。

ペン

万年筆を愛用中 > 万年筆のこと。読書中に気になった一節を書き留めるノートは12冊目に突入しました。

季節の中でもっとも仲良くなれそうにない梅雨が近づきつつある。夏はもっと勘弁してほしい。秋が来るまでの3~4ヶ月は傘をはじめ、いろんなものの力を借りて乗り切らなければなりません。

  • 長傘と日傘は イイダ傘店のものを愛用中
  • 折りたたみ傘は Maglia Francescoの頑丈なもの
    • クリーム色のベースに紺のライン、持ち手も紺です。もともとカバーが付いていないカジュアルな雰囲気と、普段着る服に馴染みそうだと思いこれに決めました

お気に入りのものをあげていたら、いつしかその作り手さんやものの歴史について考えはじめていました。雨があがりもう昼。これからも身近に置いて大切に使います。

伝え、受け取る

1週間ちょっとはやい母の日をしてきました。
ティーポットをうっかり割ってしまったの!と母から聞いたので、じゃあプレゼントさせてと申し出た。贈ったポットでアールグレイを淹れてひとしきりおしゃべり。穏やかな日差しが入る居間で母は自分の幼少期について話をしてくれた。

伝えてくれたこと

シャイで引っ込み思案だったこと。3月生まれであることもあって小学校にあがるまで手先がとても不器用だったこと。お箸や鉛筆の持ち方の矯正がたいへんだったこと。練習には小豆や大豆を使ったこと。あーうっすら覚えている。夕飯後、父に特訓されながらよく泣いたこと。あまり自分の意見を言わないこであったこと。幼稚園時の口癖は「お母さんはどっちがいい?」「お父さんはどうする?」で、娘を厳しく育てすぎたためかもしれないと親は考えたらしい(たぶん性格だ)。自分の意見をちゃんと言えるこにしないといけないと両親は相談し、言いたいことがあるなら泣くのをやめて言いなさい、と低学年くらいまで言い続けた。わたしの考えを聞き出すまで2時間でも3時間でも待って、それでもやっぱり口下手で自分の意見を言えないこともあったらしい。途中まで言葉にしてやめてしまうことがしょっちゅうで、時間がかかった。父は「長女だからって我慢させすぎたかなぁ」。母は「あなたの考えを受け取る姿勢がお父さんもお母さんもなっていなかったのかもねぇ」と話した。
小学校高学年になり積極性が増し、中学生になって自分の進路を自分で決めて伝えてきた時はそれはうれしかったらしい。そこからはもう自分でなんでも決めてきて、優柔不断は消え、意思を伝えるようになった。変化のきっかけはなんだったんだろう?両親は首を傾げて笑っていた。

母は続けてこんなことを伝えてくれた。「反抗期の時も喧嘩をしてもよく話を聞くこで、途中で感情的に誰かを落としにかかるということはまずなかった」「高校に入るといい話相手になりなんでもよく話をした」「大人になってお母さんはあなたを見習おうと思ったよ」。そんな風に感じ取ってくれていたのか。うれしく思った。

受け取ること

わたしは説明が下手で論理的な話が苦手だし言いたいことを適切に表現できない。
なので、自分が言いたかったことをさっと補ってくれたり「うん、わかるよ」と言って受け止めてもらえることがあると、虹を見たときのようなうれしい気分になる。自分もそうできるようでありたい。
そう、受け取り手がちゃんと関心や耳を傾ける気持ちを持っていれば、相手がほんとうに思っている何かは伝わるのだろう。そういった人たちのやさしさにわたしは随分と救われた。
意見をハキハキと言えるひとを羨ましく思うが、そのことだけが評価されたり重視されるのはよくわからない。もっと言っちゃえばハキハキなんでも言える必要はないと思う。言葉を持っていないひとは従うしかないの?そんなことはない。饒舌じゃなくても、心にじいいぃんと響いたり胸を打たれるシーンは多くある。ひょうひょうとしていて、かつ淡々としている、そういうスタンスだってかっこいい。
文章や言葉のすごいところは、伝える側と受け取る側の相互理解と関係性と感受性によって、双方に無限の広がりや可能性がうまれるところにある。

伝え、受け取る

ここのところ、自分が思ったり考えたことをそのままに伝える、ということについて絶えずぼんやりと考えていた。ちゃんと伝えたいと思うことがなければ、このブログがなかったら、きっとこんなことを考える気も起きなかった。
母と話をしたことで、受け取る側の在り方について思い巡らせる機会をもてた。他者の話をちゃんと素直に受け取れる心持ちに自分を置いておくことは大切。
楽しいことも辛いことも、こんなことがあったのということも、聞いたり読んでくれるだれかがいるといないでは感情の取り扱いも変わってくるだろう。伝える側、受け取る側、どちらの有り様も意識したい。

伝えることについて、下の2つを4月に書き残せてよかった。未来の自分が読んだ時にどう感じるだろうか。興味津々。

学びと問い

2016年7月に死去された青空書房店主 坂本健一 さんはインタビュアーに「どうして長らく古本屋のオーナーをしているんですか」と訊かれてこう答えたという。

本はいいですよ。まず、本と出会える。本が好きな人と会える。本が好きな人に本を薦めることができる。
人と人が本を通して出会うことができる。

物語や文章を通して、人と人が関わり合うとはどういうことか。

物語が作り上げる空間は、そこに書き込まれた内容そのものに加えて、言葉を取り巻く人と人との交流がある。著者と読者、登場人物と読者、読者同士の出会いの場でもある。そしてそれらを通して自分自身と向き合う場。よい文章や言葉と出会うことは、自分を知ることだといえそう。
よい文章との出会いは私淑をもたらしてくれる。わたしたちは書籍やインターネットの恩恵にあずかり、10年、100年、200年、1000年もっと前に生きた人たちの行動や思想を知ることができる。空間を飛び越え、遠く離れた場所に居るひとの考えや見識を知ることができる。それらの大いなる足跡は、時間や距離がもつ風化作用に耐えて、わたしたちの生き方や考え方に大きな影響を及ぼしてくれる。
ちょうど先日、約1900年前に生きたマルクス・アウレリウス自省録を読み終えたばかりです。響く言葉がたくさんでいくつもノートに書き留めた。

伝えること、書き残すこと

わたしは資格取得に必要となる修了証を得るために専門学校に通学した。どんなにお金を払い決められた時間に通学しようとも、成長は自動的できるものではないということを経験を通して知った。卒業テストも修了証もきっかけでしかない。
得た学びを継続し何らかの形で表現すること。それこそが学びを意味あるものにする。
伝えることで、近しい分野に関心を持つ他者から別の新たな視点や考えを教えてもらえるといった副次的な効果が得られることはよく聞かれる。自分の発信にリアクションがあるというのは、経験してみると代え難い充足感があるのね。そこから自分の中で新たな気づきがうまれるかもしれない。自分も誰かに向けて書きたくなるかもしれない。未来の自分に向けて書いてみる楽しさを知るかもしれない。脳は自分が考えたり思っていることを一度外に出さないと自覚できないらしい。文や絵や人に話すことで初めて自分はこう思っていたのかと整理される。書きながら話ながら、新たな疑問や考えがうまれるかもしれない。
この人にはこの場所にはと思える時には「こんなことを知れた」「こう感じたのだ」をがんばって伝えたい。

問いつづけること

そして、そのうえで。3年後どうしていたい?5年後どうありたい?どんな人生をおくるのか?自らの問いを持ち続けたい。
そのためには日頃から経年変化に耐えうる普遍的な思想に親しみ、自問自答し、「こういうことを知ったよ」「自分はこう思うけどどうか」を言葉にし伝えることを諦めてはいけない。自分がありたい姿になれるよう、生き方を間違えないよう、恥じない自分でいられるよう、誰かにちゃんと見てもらい間違いがあれば指摘してほしい。問いをせず伝えることをしないで、ただ他者の同意や期待通りに生きたら、他人の人生になってしまう。自分の生き方は自分しかその舵を握っていない。自分はいまで大丈夫?

つらいときしんどいとき元気がでない時は幾度となく言葉に助けられてきた。古い本の著者から、物語の登場人物から、ブログの書き手さんから、身近な人たちの考え方から。どれも思索や試行錯誤の過程を伺うことができる内容でわたしに力をくれた。誰かが書き残したり伝えてくれたから、救われたなぁと思う。
ひとは自分が与り知らないところで誰かを変える可能性を秘めている。伝えたり自問自答を繰り返した軌跡が、時間や距離を超えて、自分や他者の学びに繋がるとうれしい。

適切な言葉を見つけることに苦労している

脳が事実や感情を都合よく編集したり失念してしまわないうちに、書き留めたり伝えておきたいとしょっちゅう思う。
その事を思い巡らせながらテキストエリアに向き合ってみるのですが、なにから書き始めればよいかむずかしい。ペンを使って紙に書く私信の便りなら最初にきっとこう書く。「日差しが春です。通勤途中に沈丁花の香りがして気分がよいです」
しかしわたしの中でこういった場に残すテキストは手紙と事情が異なる。いま脳内の声はこうだ。「書いておきたいこと、伝えたいことがあるのです」
書きたいことがたくさんあるはずなのに、次にどう書けばよいのかもうわからない。要するになんだ?どうやらわたしは、結論よりその過程に目を凝らしたい性質のようだ。

書き言葉だけでなく話し言葉もそう。表現力伝達力が乏しい自分に嫌気がさす。なにが言いたいのか読んでもらったひとに考えてもらわないといけないかもしれない。こうして伝えられて自分はうれしいけれど、相手はどうなんだろ?面倒じゃないかな?伝わっているのかな。そんなことを考え出すとああダメだーとなって手や口が止まる。「美しいかどうかより思いがこもっているかどうかが大事」以前伝えてもらったこの言葉が事あるごとに背中を押してくれる。
ここまで書くのですら思った以上に時間がかかっていて途方に暮れる。それでも自分が伝えたいことをそのままに伝えたい時は、時間が必要なのかもしれない。自分のなかをぐんぐん掘ってゆき、思考を抽象化し、それを自分がリアルに感じられるまで感じてようやく相手にイメージとして伝わるのかもしれない。諦めず、言葉を探す作業に時間をかけてぜんぜんよいのだということを忘れないでおこう。
できることなら、月を見た時の会話のように事実や感情をシンプルに情緒的に伝えたい。

このエントリは実のところ、余白について書き始めたものです。それなのに、書きたいことをそのまま伝えられる適切な表現が見つからず、書いては消して〜を繰り返すうちに、いつのまにかこんな別の内容になっていました。いつか書けるだろうか。

いまなにが言いたいの?問い続けて自分の声を探している。

2017年

あけましておめでとうございます。

穏やかに新しい年を迎えることができました。温かな夜です。
昨年は総じて実り多き年でした。お世話になったみなさま、ありがとうございました。

2016年

振り返りです。
2016年 元旦に書いた内容を読み返し、ひとつを除いておおむね実行に移すことができたかなという感想を持っています。毎月なんらかのイベントやささやかな楽しみがあり「あとでいいや」の選択肢はありませんでした。迷ったらやってみる方を選ぶことができたようにも思います。
おいしいものもたくさん食べました!一緒に食べに出かけてくれた方々には大感謝です。今年も貪欲に食べていきたい。好きな本を近くにおいてつらつらと頁を繰る時間は夜更けの楽しみです。今年も食べることと本との付き合い方は変わらなさそう。
仕事の面ではまだまだでした。実行に移すのに時間がかかることが多く、勉強不足や自分の迷いにより脳内でぐるぐるすることが少なからずありました。それでもなんとか考えや思いは伝える方を選ぶように努めました。ただそんなのは言い訳で、やっぱりいろんなスキルが足りていなかった。
そう、議論を諦めないと決めた年でもありました。「 議論を諦めない 」ことあるごとにこのエントリを読み返し、肝に銘じています。
1~3月は繁忙と花粉により息だけして過ごしました。春は新緑や苔を見に散歩に出かけおいしいものを食べる至福の時間を過ごしていました。その後、春と夏の間の時期にGMOペパボさんのイベントに参加をさせていただきました。上述の「 議論を諦めない 」は、id:matsumoto_rさんの言葉です。まつもとりーさんには、ものごとの選択や時間の過ごし方、ひととの向き合い方、生き方を再考する貴重な機会をいただいたと思っています。大変感謝しています。
ペパボスタッフ皆さんのご厚意と同僚の理解と親身な協力により、7月にはGMOペパボさんと共同で技術大会開催がかないました。人生で初めて福岡の地を訪れ、多くの刺激と出会いとおいしいものをいただき、福岡を満喫しました。楽しかったー。
秋は社内外のセミナーやカンファレンスに参加しました。と、ここまで書いて、2016年はこれまでに比べてお出かけの機会が多かったように感じます。秋口からは比較的こもって自主学習をスタートしました。技術に触れ始めたのもこの頃です。詳しくは サーバとわたし
12月から臨床心理やカール・ロジャースの思想をベースとしたカンセリング理論を学ぶため通学をはじめました。今は Donald E. Superのキャリア理論「自己概念」の考え方を学習しています。しばらく土曜日が丸一日つぶれてしまうためちょっとへこたれ気味ではあります。なんとか乗り切りたい。
2016年を総括すると、自分に嘘をつかなかったと言えそうです。

2017年

どんな年になるのだろうか。
昨年と大きな変化はなさそうですが、新たな目標として、夏前に予定される資格に一発でパスしたい。試験のために勉強をしているわけではないものの、体系的に一通り学び「しっかり学べました」を外的に評価されることで、別の目的なり目標ができそうな気がします。このままいくのか、新しい自分の在り方がみえてくるのか。そんなことをぼやぼやと考えています。
もうひとつ、中学生のお悩みのようで恥ずかしいのですが、昨年から持ち越している「ひとの意見や評価を素直に受け取る」この課題をなんとかしたい。言わば人生の課題とも言えそうです。なんで伝えてもらったことをまっすぐに受け止められないんだろうか。素直になりたい。
散歩がてらおいしいものを食べるのは健康のために必須だと思うので、その時間確保を積極的に努めたい。本も読みます。そうそう、昨年はどこにも出かけなかったから今年の夏は遠出をしたくなるかもしれません。北欧かヨーロッパ。書いておくと実現しそうだから記しておこう。

2016年に「喧騒から離れた場所に自分を置いていたい」と書きました。安心で居心地がよい場所で過ごしていたいからです。しかし、それでよいのか?もっと外に出て自分の殻を破っていかないといけないのではないか?と考えることもあります。どうしても自分の自由が守られる範囲で、できれば集団行動ではなくて個人行動に徹するというやり方を好んでしまうことを自覚しています。
肝心なことに対するアンテナはしっかりと立てて集団と関わり、やるべきことの責任を持ち、ただしほわ~んとしたままの自分も携えながら一緒に未来に進んでいく、というイメージでやっていこうと思います。盛りだくさんですがひとまずこれでやってみます。
業務での自分の在り方は、サーバとわたしに書いた通りです。自分の感情に耳を傾ける余裕が生まれたり、落ち着いた気持ちを取り戻せたり、本当にしたいことに気づけたり、新しくて豊かな価値を作ったり考えたり楽しむ力が湧いてくる。そういった場や組織づくりをサポートしたい。

映画「ショーシャンクの空に」のキャッチコピーである 'Fear can hold you prisoner, hope can set you free.' この考えを採用していきたい。

「こうありたい」に近づきたい。自分のペースで思いきりいきましょう。
本年もどうぞよろしくおねがいいたします。