8/7(木)八重山行き, 1日目

八重山諸島に出向いた記録。
f:id:tomomii:20140810134311j:plain

関西空港から石垣空港


Qiita社員のみなさんと愉快な二人による沖縄合宿中の写真に魅せられてうっかり沖縄行きを決めたのが3週間前。北海道または上高地行きの旅程を少し足を伸ばして八重山諸島に変更し、現地3泊の予定で出かけた。9:05 関西発-11:30石垣着のANA1747便に搭乗。
f:id:tomomii:20140810134344j:plain
離陸から1時間、鹿児島上空付近から地上の景色がくるくると変わる。湾の景色から海の群青、そして海に浮かぶ離島の島々。海に白波が立ち白い線になっていた。
屋久島を過ぎたあたりで眼下の雲の隙間に虹が見えた。虹を、7色の曲線を上から見下ろせるなんて思ってもみなくて感動した。その景色はあっというまに通り過ぎ、残りの飛行中は虹を待つ人になった。機内のディスプレイで那覇通過を知る頃には珊瑚礁のグラデーションが幾重にも見えてくる。はー美しい。もう旅は始まっている。
http://instagram.com/p/rYXY0JP90Z/
Instagram

石垣空港から石垣港離島ターミナルへ

f:id:tomomii:20140810134518j:plain

新石垣空港はこじんまりした綺麗な空港だ。ロビーに出るとSTARBACKS COFFEE、お土産屋さん、軽食屋さんがごっちゃにある。中央案内所で無料のパンフレットをもらい、案内員の女性に離島ターミナルまでの所要時間を伺う。美人で親切♡日焼けした肌が素敵だった。ここから石垣港まで約40分バスに揺られます。
外は湿気が少ないせいか暑さはそれほど感じない。しかし日差しが強烈で帽子とサングラスなしではまぶしくて目が開かない。大げさだろうと思うでしょ。ジリジリ肌を焼かれているのがわかった。いたい。
石垣島は市街地にも信号は数えるほどしかない。渋滞はまったくなかった。バス道中は至極スムースで快適な観光旅行といった様相であり、左手には海 右手は牛の放牧(石垣牛たん)の風景が続く。眠気に勝てない。
石垣空港からバスで40〜45分程度、540円で石垣港離島ターミナル着。タクシーを利用すると30分弱で2,700円だそうです。時間が許すならバスでのんびりがよいと思った。ゆっくり眠れる。

石垣空港に着いてから始終ぼうっとしており、いろいろと写真を撮り逃していたことに今になって気付く。記憶にしっかりと留めておきたい。そう、旅は写真じゃないよね。
石垣港離島ターミナル到着は13:00過ぎだったと記憶している。

八重山そばをたべたよ

f:id:tomomii:20140810152416j:plain

おなかすいたー。石垣港の手荷物カウンターでスーツケースを一時預かりしてもらうことにした。カウンターの方にこの近所でおすすめのお店を聞いてみたところ「ゆうくぬみ」の八重山そばは地元の方にも人気だよとこと。そばがなくなると閉店だそうで地図を片手に早足で向かった。強烈な日差しのなか道に迷い(恒例)汗だくで辿り着いた。
お店情報 > ゆうくぬみ
シンプルな麺、豚骨だしでしょうか?スープも全部いただいて完食。とてもおいしかった。550円なり。
店内はけっして広くない。こんな風にごっちゃw お客は10人も入れない。
f:id:tomomii:20140810145006j:plain

食事中もお客が絶えず「ねーおそばある〜?」「ごめーんもう切れちゃったの(おかみさん)」「なーん!またね〜!!」「はーいまたね!」常連さんとこんなやりとりが何度か繰り返されていた。ゆるいのねー。

石垣港離島ターミナルから小浜島

高速船で35分の移動です。15:00の便に乗った。
f:id:tomomii:20140810145044j:plain
台風の影響で途中ざぶざぶ揺れて怖かったがリーフ内に入ると先ほどの揺れが嘘みたいに凪いで穏やか。船酔いするたちなのでこの移動を一番危惧していました。しかし眼前に広がるエメラルドグリーンに目を奪われて船酔いどころじゃありませんでした。まるでペンキの色。
f:id:tomomii:20140810145103j:plain

小浜島に着くと宿の方が迎えにきてくださっていた。島にはバスやタクシーはないため宿泊施設はみな送迎付きのようです。優しくて気さくなおじさんだ。
島の風景はどこまでもさとうきび畑。小浜港を少し行ったところに製糖工場があった。それ以外はなにもないといってよいです。みんなどこで買い物をしているのだろう?
f:id:tomomii:20140810145448j:plain

小浜島で散歩

宿泊は小浜島。荷物を置いて少し休憩したあと、近所のビーチに散歩に出かけました。
f:id:tomomii:20140810145127j:plain

砂浜に降りてすぐ海の透明度と青のグラデーションに息をのんだが、2日目に出かけた海の美しさを見たあとでは「ああ綺麗よね」程度に感じてしまいよくないなあイマココ。平日のせいか普段からそうなのか、自分以外に人がいなくてこわいほど。

f:id:tomomii:20140810145147j:plain

まるでプライベートビーチなのね。遠くに牛?水牛?が休憩しているのが見えた。目が合った。私を狙ってる??こまる!
ここではこんな日常が繰り返されているのだろうか。

天体観測

八重山では季節により(秋頃)南十字星を見ることができるそうです。
寝る前に天体観測をしてみたら星の数にまず圧倒された。目が慣れてくるとどんどん星が増えてくる。夏の大三角だ。
上高地で見た星空は標高と周りの山々のおかげで隔離された絶景でした。こちらは遮る物がなく街の光もなくどこまでも続く夜空であり自分が吸い込まれそうな感覚に陥る。空気が澄んでいるせいか月が近く明るい。普段眺めている夜空と同じに思えなかった。

f:id:tomomii:20140810145210j:plain
宿にいたシーサー。傘をかぶっているのがなんともかわいい。暑いもんねえ。


2日目につづきたい