読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-5

初期の頃のローマ数字には減算則はありませんでした。つまり「IX」で9を表したりせず素直に大きい数の次に小さい数を順に記述して「VIIII」というように書いていました。さて、1から3000の間の整数を入力してそれに相当する古いローマ数字の文字列を返すメソッドを書いてみましょ。

例えば、old_roman_numeral 4は'IIII'を返すようにします。できたメソッドをいろいろな整数でテストしてみること。

ex. I=1 V=5 X=10 L=50 C=100 D=500 M=1000

ヒント:整数の割り算と余り演算子(%)を使います

めも

  • def roman_num (roman_num のメソッドを作る)
  • 1〜3000の整数を入力
    • num=0
  • 数字を入力したらローマ数字の文字列を返す
    • num=gets.chomp.to_i
  • num値が1000の位
    • M=num/1000
  • num値が100の位
    • C=num%1000/100
  • num値が10の位
    • X=num%100/10
  • num値が1の位
    • I=num%10/1

さあどうするか。
脳内処理を分解は疎か言語化すらできん。この問題はしばらくペンディングだな。。