遠くへ行きたい (& 8/9 八重山行き, 3日目)

この夏わたしは石垣島から船に乗り離島へ出向いた。目を閉じて次に覚めたら3ヶ月が過ぎていた..ちょっとオーバーかもしれませんが振り返るとそんな感じだ。夏から秋にかけて1日を長く感じることが多かった。

波照間島へいきたい

八重山3日目の土曜日、台風は順調に近畿直撃コースを辿っていた。日曜日に帰宅しないと非常にまずい。週明けに複数名の学生さんを社に招くことが決まっていた。美しい八重山の青空を眼前に、脳裏には暗雲がもたげていた。

船長のわたるちゃん&かすみちゃんと8:00に待ち合わせて2時間ほどシュノーケリングに連れてもらったあと、急遽夕方の便で関西空港へ戻ることにした。幸い石垣空港発のANA便に空席があり台風を理由に便変更を無料で対応してもらえたのだ。案の定、台風直撃により翌日関西空港は閉鎖した。1日早く切り上げてよかった。
いやそんなことはどうでもいい。わたるちゃんに聞いた波照間島の話を書いておきたい。

f:id:tomomii:20141114230823j:plain
別れ際、八重山の海の美しさに心を奪われたこと、海中の景色が楽しくてはまりそうなこと、これまで山派だったが1日中海を眺めてさざなみの音を聴いていたい、必ずまた来ることをわたるちゃんに伝えた。すると、次はきっと波照間島に行ってね波照間の海は別格だから、と返してくれた。石垣や小浜や西表島の比じゃないのだそうだ。

波照間島が日本最南端の有人島であることは周知のとおり。八重山諸島のなかでは与那国島と並んで絶海の孤島だ。現在波照間島石垣島から高速船でのみ向かえる。外海を行く航路であるため欠航が多く、また船が大揺れすることで知られているらしい。こっこわい。

4月末からゴールデンウィーク過ぎ、10月〜10月末は人が少なく旅費も安価でベストシーズンだよ。真夏の紫外線は半端じゃないから気をつけること。絶海だけあって常に外海の綺麗な海水が循環しており珊瑚や海の生き物が元気。なにより海の透明度と青の濃さが抜群で波照間島を訪れるたびに言葉を失う。波照間ブルーと呼ばれる海のグラデーションをぜひ見てほしい。そう教えてくれた。

石垣⇄波照間間の空路が15年秋に復活する計画があることを今日知りました。やったね、きっと行く。

遠くへ行きましょう。

8/8 (金)八重山行き, 2日目

つづき。記憶が紛れてしまわないうちに書いておかないと。

f:id:tomomii:20140812230551j:plain

小浜島の隣向こうに西表島がある。島にはバスやタクシーはないがどうやらレンタル自転車はあるようだ。最寄りのビーチは最近クラゲが出るから気をつけて と港まで迎えにきてくれたおじさんが教えてくれた。

それ以上の土地勘と事前情報を持ち合わせておらず、2日目以降はノープランでしたので、フロントで周辺のおすすめスポットを聞いてみました。宿泊者向けに宿が推薦しているアクティビティをいくつか紹介してもらい、初心者向け「干潮時のみ姿をあらわす幻の島ツアー」に参加してみることにした。
幻の島ツアーは午前中のみで短時間。海で泳ぐわけじゃないし船酔いもなさそう、都合がよい。この説明がわかりやすいので載せておきます > 幻の島ツアー-はいむるぶし
'幻の島'は通称で「浜島」という名があるらしい。

他の企画は 所要時間6時間のダイビングコースや沖に出て大物を狙う釣り体験、マンタと泳ごうツアーなどけっこう本格的。小浜島西表島の間にマンタポイントと呼ばれるイトマキエイの多発スポットがあるそうで ダイビングをする方には人気エリアだそうです。

浜島に船で

続きを読む

8/7(木)八重山行き, 1日目

八重山諸島に出向いた記録。
f:id:tomomii:20140810134311j:plain

続きを読む

今週のお題「海か? 山か?」
山です。

夏は山の景色と緑と涼やかな風を身近に感じたい。静かな所がいい。なので住んでいる地域から北上し、山に近いエリアで過ごそうと試みてきました。
というのも、海を知りません。幼少から馴染みがない。海といえば潮干狩りか冬の日本海荒波なイメージ。海水浴した記憶がない。ぶちゃけ海こわい。

だがなー。その場所から一歩も踏み出そうとしないで、知らない新しいものを 古い価値や経験や慣れで評価するなんてそんなケチな方法いったい誰に教えてもらったの?飛べよ(心の声)。

そんな!わけで?今夏は思い立って海方面に旅をしてみようと決めました。人生初。未知。

ほんの一昨日まで避暑を兼ねた北の大地行きを検討していたのですが、人は時に不可解な行動や選択をするようで、船でしか辿り着けない離島の宿をいつのまにかぽちりしていたああ〜何がおこったのかわかりません。船なんて船酔いしかしたことがないのに。海に囲まれた何もない場所でなにをすればよいのか。

最近 南国の美しい青空と海の画像を頻繁に目にしたおかげで感化され、どうせならさらに静かそうな離島に行ってみようやんという出来心と好奇心が爆発した結果がこれです。

ノーベル物理学者 湯川秀樹さんがこう言ってるよね。

未知の世界を探求する人々は 地図を持たない旅人である

地図を持たずに旅をしよう。ちょっといやぜんぜんちがう。

山の景色がやっぱり恋しい。

明日こそは

f:id:tomomii:20140319233146j:plain

日差しが春です。ここのところ寝ても覚めてもねむくて仕方がありません。
時候の便りを書こうとかグラスに活けた花の水を換えようとか枕元が積ん読本で支配されているとか、日常の瑣末な片付けは明日こそ!という言い訳の上に降り積もっている。
少々繁忙であるのも相まって妙に気持ちが落ち着かずなにをしても中途半端で、立ったり座ったりお茶をのんだりぼうっとしたり、まとまったことが出来ないまま気がつくと一日が過ぎている。音楽を聴こうとか本を開こうにも3分後には意識が途絶え、気づいたら朝。びっくりだ。
自分にムチを打ち無理矢理にでも腰を据えて気持ちを落ち着けねばと思うんだけど...。元気がでないとか気分が晴れないときはそれが通り過ぎるのを静かに待つ。この対処法が染みついてしまってイマココです。みんなはこんなときいったいどうされているのだろうか。
結局のところ疲れているのかもしれません。この頭痛も花粉かなぁずいぶん飛んでいるし。

おいしいものを食べたいな〜という気持ちが逸っていたが、今はもう眠気が勝っている。

し、静まれ..俺の右膝よ

疲労困憊して帰宅したらまちがいがあった。

スキー場で転んで「右膝内側側副靭帯損傷または断裂」の診断を受けた。みぎひざないそくそくふくじんたいそんしょう。呪文ですな。('側'の漢字が連続2回出てくんのね、おもしろ)。
損傷か断裂かはMRIを撮らないとわからないそうで、昨日は予約がとれず後日となった。断裂している場合は手術した方がよい場合が多いとのこといやだなあ。
雪が雨にぬれて板がよく滑る状態になっていたこと、ガスって視界が極悪だったこと、アイスバーン、スピードが出すぎたことが原因。スキルが伴っていない。自業自得です。。左の板だけこぶに乗ってしまい、重心が後方に傾いてバランスを崩した。あ!コケる!と思った瞬間バキっだかボキっだかの音がしてこりゃ膝だと理解した。

夕方に痛みが増して夜には右膝を伸ばすことができなくなった。膝の向きが変わる度に激痛。骨折だと思い込んでいた。

整形外科医は触診だけで「あー膝が緩んでるね。たぶん靭帯だな」と判断。レントゲン写真をみると骨は異常なしだった。
しばらく不自由が続き、周りのみんなには迷惑をかけて申し訳ないです。ふつうに歩けることのありがたみを痛感している。
ほんとダメだなー。反省である。

MRI検査結果

6日にMRI検査を受けました。結果、前十字靭帯の断裂とのことでした。
この靭帯は自然治癒することがないため、治すには手術が必要となります。どうするかねえ。

続きを読む

1/30(木)夢の記録

あまり夢をみないので忘れないうちに書いておく。

夢の中でも日常だった。
朝いつも通り珈琲を飲みながらパンを食べていた。シナモントーストだったように思う。食後、これもいつも通り、歯を磨きに洗面所に向かい鏡を見たら、あれっなんかおかしいという感覚。しかし何がおかしいかしばらくわからないのだった。

ようやく自分の顔に目が4つ(左右2つずつ)あることに気付く。
目が4つもあったら会社に行けないどうしよう困ったと悩んで、多い分の目が少しでも目立たないように化粧をしたり眼鏡をかけたりサングラスを試した。顔面マスクは家にない。だめ、ぜんぜん隠れない。ピンチだった。目が4つのまま時間は過ぎていく。

どうやってこの多い分(左右1つずつ)を消せばいいのだれかー。そんな泣きたい気持ちで目が覚めた。

ちょっと驚いたが、目が4つある顔は普段とそれほど変わらなかった。
疲れた。